【スマホOK】OpenSea(オープンシー)│NFTの買い方・購入手順を解説

  • オープンシーでNFTを買ってみたい
  • 購入方法をくわしく知りたい
  • 初心者でもわかりやすく解説してほしいな

今回はこのようなお悩みにお答えします。

本記事の内容はコチラです。

  • オープンシーでNFTを購入する流れ
  • 購入する前にやっておくこと5つ
  • NFTの具体的な購入手順

NFTを買ってみたいなと思いつつも手順がわからず手が付かない方もいらっしゃるかと思います。

そこで本記事では初めての方でもわかりやすいよう図解付きでNFTの買い方を解説します。

また購入するまでに必要なステップも別記事を交えながら進めていきますので、ゼロからスタートする方もご安心ください。

それでは解説します。

オープンシーの登録まで済んでいる方は「NFTの買い方・購入手順」までスキップしてください。

この記事を書いた人
アイコン
TETSU
  • 仮想通貨歴6か月
  • NFTコレクター(になったばかり)
  • 身銭を切って得た実体験を書いてます
  • 当サイトの運営兼ライター
  • FP2級技能士&AFP
目次

オープンシーでNFTを購入する流れ

まずはオープンシーでNFTを購入する流れをザックリ掴んでおきましょう。

イメージ図にすると以下のようになります。(雑なイラストで申し訳ないですが)

オープンシーでNFTを購入する流れ

オープンシーでNFTの取引するためには主にイーサリアム(ETH)という通貨を使用します。

そして通貨を仕舞っておくためには財布が必要ですから、これには「メタマスク」という暗号資産専用ウォレットを用います。

TETSU

因みにメタマスクは通貨だけでなく購入したNFTを入れておくこともできます。

ただメタマスクに通貨を入れないとスッカラカンですので、国内取引所でETHを買ってメタマスクに送金するというわけですね。

銀行からお金を下ろして財布に仕舞ってスーパーで買い物をするのとやっていることは基本的に同じです。

続いてここまでもっていくのに必要な手順を解説したいと思います。

NFTを購入する前にやっておくこと5つ

オープンシーでNFTを購入するまでに必要なステップは以下5つです。

購入までの5ステップ
  1. ビットフライヤーで口座開設
  2. ビットフライヤーでETHを購入
  3. メタマスクのインストール
  4. メタマスクへETHを送金
  5. オープンシーに登録

やることが多いですが全部一気にやっても1時間あれば終わります。

それでは順に解説します。

ステップ1:ビットフライヤーで口座開設

まずは資金の出入り口となる国内取引所で口座開設しましょう。

暗号資産取引所は多数ありますが、最初に口座を作るならビットフライヤーがおススメです。

理由は以下です。

  • 通貨を板取引できる(手数料が抑えられます)
  • 送金手数料が0円の通貨あり
  • 最小送付数量が低いため少額から資金移動できる
TETSU

もちろん私もメインで使用しています。

口座開設は無料で最短10分もあれば完了しますのでサクッと済ませておきましょう。

関連記事:bitFlyer(ビットフライヤー)の始め方・口座開設の方法

ステップ2:ビットフライヤーでETHを購入

無事にビットフライヤーで口座開設ができたら次はETHの購入です。

手順としては

  1. ビットフライヤーの口座に日本円を入金
  2. 板取引でETHを購入

の2ステップです。

以下の記事では手数料0円で日本円を入金する方法やETHを板取引する手順をくわしく解説していますので良かったら参考にしてください。

関連記事:bitFlyer(ビットフライヤー)への入金方法・暗号資産の買い方

ステップ3:メタマスクのインストール

続いてメタマスクのインストールです。

メタマスクもスマホ、PCの両方に対応していますのでお好みの環境で設定してください。

インストールはもちろん無料です。

スマホで利用する

iOS版

Android版

PCで利用する

MetaMask公式サイト

TETSU

因みにPC版の場合はプラウザの拡張機能になります。対応しているプラウザは以下4種となりますので注意してください。

メタマスク対応プラウザ
  • Googlechrome
  • Firefox
  • Brave
  • Edge

詳しいインストール手順はコチラです。

関連記事:MetaMask(メタマスク)をインストール・登録する方法

ステップ4:メタマスクへETHを送金

メタマスクのインストールが済んだら準備しておいたETHを送金します。

手順は以下4ステップです。

  1. メタマスクのアドレスを取得
  2. ビットフライヤーで宛先登録
  3. ビットフライヤーから送金処理
  4. メタマスクで入金チェック

アドレスとは銀行でいうところの口座番号のことです。

作業自体は簡単ですが、暗号資産の場合送金ミスすると資金を失ってしまいますので慎重に進める必要があります。

別記事にて詳しく解説していますので是非ご覧になってください。

関連記事:bitFlyer(ビットフライヤー)からMetaMask(メタマスク)に送金する方法

ステップ5:オープンシーに登録

最後にオープンシーに登録(無料)します。

TETSU

ここまでくればNFTの世界まであと少しです。

手順としては

  1. メタマスクをインストールしているスマホ(プラウザ)からOpenSea公式サイトにアクセス
  2. メタマスクと接続
  3. プロフィール設定

の3ステップです。

5分もあれば完了するのでサクッと済ませてしまいましょう。

関連記事:OpenSea(オープンシー)の始め方・登録方法

早速NFTを購入したいところですが、欲しいNFTを見つけないことには始りませんのでまずは「NFTの選び方」を解説したいと思います。

NFTの選び方としては主に以下2つがあります。

  • ランキング
  • カテゴリ

ランキングから探す

まずは人気作品から探す方法です。

STEP

オープンシーのトップ画面を開いたら下に少しスクロールしてください。

ランキングから探す1
STEP

すると「トレンド」と「トップ」というタブがあります。

ランキングから探す2
ランキングから探す3
  • 「トレンド」は直近で取引が急増しているコレクションがランキング形式で並んでいます。
  • 「トップ」は出来高の多いコレクション、つまり取引量の多い順に並べたものです。
TETSU

何れも1アイテム毎に並んでいるのではなくアーティストのコレクション単位でのランキングとなっています。

STEP

コレクション名の下にはコレクション内で最も安いアイテムの価格が表示されています。

気になるコレクションがあって予算にも収まりそうならタップしてみましょう。

最低価格が非表示のコレクションは現在販売中の作品が無いということです。

ランキングから探す4
STEP

コレクションを開いたら少し下にスクロールしてみてください。

すると「フィルター」と「並べ替え」というメニューがあります。

ランキングから探す5
ランキングから探す6
STEP
  • フィルターでは「すぐに購入できるもの」や「〇ETH~〇ETH」などで絞り込めます。
  • 並べ替えでは「価格の高い(低い)順」や「新しいもの順」に変更できます。
ランキングから探す7
ランキングから探す8

このようにして自分が欲しいアイテムを探してみてください。

カテゴリから探す

続いてカテゴリから探す方法です。

STEP

トップページ右上の「メニューアイコン」→「ディスカバー」の順にタップします。

トップページから下にスクロールしていくだけでも表示されます。

カテゴリから探す1
カテゴリから探す2
STEP

するとカテゴリ名がズラッと表示されます。

カテゴリから探す3
カテゴリから探す4

内容は文字通りなので簡単に説明します。

カテゴリ
  • アート:絵画、デジタルアート
  • コレクティブル:限定コレクション
  • ドメイン名:ドメイン形式のアドレス
  • 音楽:BGM
  • 写真:写真
  • スポーツ:スポーツ系
  • トレーディングカード:トレーディングカード
  • ユーティリティ:その他
  • バーチャルワールド:メタバース上のアイテム等
TETSU

気になるものがあればどんどんチェックしてください。

STEP

あとは個別に作品をチェックしてみましょう。

フィルタや並べ替えについては先程と同様なので割愛します。

カテゴリから探す5

NFTの基本的な選び方は以上です。

オープンシーの使い方については以下の記事でも詳しく解説していますのでご興味のある方はご覧ください。

関連記事:OpenSea(オープンシー)の使い方・各指標の意味

NFTの購入方法3つ

続いてNFTの購入手順ですが主に以下3つあります。

3つの購入方法
  • カートに追加
  • オファーの提示
  • オークション

ここでは最も利用する「カートに追加」で購入する手順を中心に解説します。

カートに追加

現所有者が提示している価格で購入する方法です。

TETSU

価格が設定されている作品には「カートに追加」ボタンが表示されていますので一目瞭然です。

買う側は後述の「オファーを提示」をすることもでき、売る側はそれを承認するか選べます。

STEP

欲しい商品が見つかって価格も問題なければ「カートに追加」をタップします。

カートに追加1
カートに追加2
STEP

するとカートの中身が開きます。このまま購入に進みたい場合「購入を完了」をタップします。

TETSU

他にも見たい場合は「×」をタップしてください。

同じ通貨ならカートに入れた作品を一括購入できます。

カートに追加3
STEP

ガス代(手数料)と合計価格をチェックしたら「確認」をタップします。

執筆時のガス代は0.0032ETH($4.8)でしたが、都度変動します。現在のガス代はGas Calculatorを参考にしてください。

カートに追加4
カートに追加5
STEP

以下のような画面になれば購入完了です。同時にオープンシーからメールも届きます。

VIEW ITEM」をタップしてください。

カートに追加6
カートに追加7
STEP

すると作品の下の所有者が「you」となっているのが確認できるはずです。

アカウント名になっていることもあります。

カートに追加8
STEP

そのまま下にスクロールすると「Item Activity」という項目があるのでタップしてみてください。

カートに追加9
STEP

ここでは作品の取引履歴が確認できるのですが、ここでも最終取引後の所有者が「you」となっています。

カートに追加10
カートに追加11
STEP

もちろんプロフィールの「収集済」にも表示されています。

これでNFTがあなたのコレクションに追加されました!

カートに追加12

オファーを提示

オファーとは買う側からオーナーに希望価格を提示する方法です。

TETSU

提示価格をオーナーが承認すると取引成立となります。

先に紹介した価格設定されている作品に対してもオファーを提示することはできます。

対象となる作品には以下のように「オファーを提示」というボタンが表示されます。

また作品下にある「オファー」のプルダウンを開くとこれまでに提示された価格をチェックできます。

オファーを提示1
オファーを提示2

オファーを提示」をタップするとWETHへの換金と期限の設定をしたのち、正式オファーへと進みます。

オファーと次に解説するオークションではETHではなくWETHを使用します。

オファーを提示3

WETHとはWrapped ETH(ラップされたイーサ)の略でETHと1:1で交換できる通貨です。

WETHを所持していないとオファーやオークションで購入することはできませんが、オファー提示や入札の手順内で交換可能です。

オークション

オープンシーのオークションは以下2通りがあります。

Sell to highest bidder

設定期間内に最高価格を入札した人が落とします。

※WETHが必要

Sell with declining pric

オーナーが徐々に値段を下げていき最初にオファーした人が落とします。

※ETHでOK

以下のようにオークション中の作品には「入札する」と「オークション期間」が表示されています。

オークション1

NFTの買い方は以上です。

よくある疑問

最後によくある質問をまとめてみました。

購入時のガス代っていくら?

作品やレートによって変動します。

正確な数字は決済画面まで進めると確認できるかと思います。

日本語表示ってできる?

できます。

PC版であればGoogleの翻訳機能を使用、スマホであればオープンシー画面右上の「メニューアイコン」→「language」で切り替えましょう。

初心者が買うならどれがいい?

国内アーティストのコレクションがおすすめです。

多くのアーティスがSNSを利用しているため情報を得やすく、価格も手頃なものがあります。

もちろん作風や値段に納得できることが大前提ですが、入り口としては良いかと思います。

TETSU

以下にいくつか紹介しますので良かったらご覧ください。

オープンシーに登録していなくて閲覧できますのでお気軽に。

まとめ

本記事ではオープンシーでNFTを購入する方法を解説しました。

あらためて内容のおさらいです。

内容まとめ
  • 購入までの流れは「ETH購入」→「ETH送金」→「ETHでNFTを購入」の3ステップ
  • 購入までに具体的にやることは5つ
  • NFTの購入方法は「カートに入れる」「オファーを提示」「オークション」の3つ

ぜひ本記事を参考にしつつお気に入りのNFTをコレクションしていただけたらと思います。

まだ購入準備ができていない方は以下を参考してください。

TETSU
FP2級技能士 AFP 宅建取引士
ファイナンシャルプランナーの資格取得をキッカケに投資の世界へどっぷりハマる。不安しかない日本社会で生き残るべく日々奮闘しています。当サイトでは主に暗号資産の投資について解説しています。たまに「釣り」のことも。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次