PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方・使い方をわかりやすく解説

  • パンケーキスワップに興味はあるけど始め方がよくわからない
  • 使い方について教えて欲しい
  • メリットや注意点について理解したい

今回はこのような悩みをお持ちの方のためにパンケーキスワップの始め方・使い方について解説します。

本記事のテーマはコチラ!

  • パンケーキスワップの概要
  • パンケーキスワップのメリット
  • パンケーキスワップで出来ること
  • パンケーキスワップの始め方・使い方
  • パンケーキスワップの注意点
  • 資金を引き出す方法

初めての方でもわかるよう順を追って進めていきますので安心してついてきてください。

それでは解説します。

この記事を書いた人
アイコン
TETSU
  • 仮想通貨歴6か月
  • NFTコレクター(になったばかり)
  • 身銭を切って得た実体験を書いてます
  • 当サイトの運営兼ライター
  • FP2級技能士&AFP
目次

パンケーキスワップとは

暗号資産イメージ画像

まずはパンケーキスワップの概要について解説していきます。

概要
  1. AMM型のDEX
  2. ハッキングに強い
  3. 独自のトークン「CAKE」を発行

上記3点それぞれ見ていきましょう。

AMM型のDEX

パンケーキスワップはDEXと呼ばれる分散型取引所にあたります。(分散型金融=DeFiとも言います)

分散型取引所では運営する会社が存在せず、ユーザー同士が直接取引します。そのため、それぞれの契約や履行はすべて自動で実行される仕組みが取られています。(これをスマートコントラクトと呼びます)

一方、CEX(中央集権型取引所)ではすべての取引、サーバー運営、管理は取引所が行います。

またこのDEXにはAMMとオーダーブックの2種類がありますが、パンケーキスワップはAMMに該当します。

AMMとはプールしている資金を通じて取引するというもので、DEXの短所でもあった流動性の低さや取引スピードの遅さを解決しています。

後ほど紹介するパンケーキスワップの魅力的なサービスはこのAMM型を採用しているからこそ可能なわけです。

ハッキングに強い

パンケーキスワップはハッキングに強いと考えられています。

なぜならDEXでは取引に必要な秘密鍵やサーバー運用などの情報は投資家たちが分散して管理しているからです。

万が一ハッキングされたとしてもCEXに比べると全体に被害が及ぶことが低くなるというわけですね。

もちろん、万全と言えるわけではありませんが仕組上「比較的強い」のは間違いありません。

独自のトークン「CAKE」を発行している

パンケーキスワップでは流動性プールに通貨を預けるとその利息としてもらえる独自のトークン「CAKE」を発行しています。

プール内に十分な通貨がなければスムーズな取引は行えないことから、通貨の流動性を担保してくれた投資家へ見返りとしてCAKEを配布するわけですね。

受け取ったCAKEは売買することはもちろん、さらに預けて複利運用するという使い方ができます。

パンケーキスワップのメリット

暗号資産イメージ画像

パンケーキスワップのメリットは3つあります。

メリット3つ
  • 暗号資産を預けるだけで通貨を増やせる
  • 手数料が安い
  • 日本語対応で使いやすい

暗号資産を預けるだけで通貨を増やせる

先程も触れました通り、パンケーキスワップでは流動性プールに通貨を預けることで報酬としてCAKEを受け取れます。

預ける通貨や通貨ペアによって報酬は異なりますが、高いものだと年利300%に及ぶことも珍しくありません。

この高い運用利回りこそが最大のウリと言っても過言ではなく、多くの人がこれ目当てでパンケーキスワップを始めています。(もちろん私も)

手数料が安い

他のDEXであるUniswapやSushiswapと比べると手数料が低いことが特徴として挙げられます。

理由としてはバイナンスが開発したBSCというプラットフォーム上で稼働するよう設計されたDEXだからです。

UniswapやSushiswapが採用しているイーサリアムネットワークは仕組的にコストが非常にかかる

極端な話「ushiswapでは数百円かかってしまう取引でもパンケーキスワップでは数十円で済む」ということもあるわけです。

そのため、乗り換えする投資家も多く将来性も期待されています。

日本語対応で使いやすい

パンケーキスワップは多言語対応でもちろん日本語にも対応しています。

またシンプルデザインのため初めての方でも操作に戸惑うことはあまりないでしょう。

こういった配慮もあってか日本人利用者が多く、そのため分からないことがあっても情報収集がしやすいようにも思います。

DEXデビューにこれ以上最適な取引所はないと言えるんじゃないでしょうか。

パンケーキスワップでできること3つ

暗号資産イメージ画像

パンケーキスワップでできることは主に以下3つです。

パンケーキスワップで出来ること3つ
  • スワップ
  • ファーミング
  • シロッププール

ぞれぞれ解説します。

スワップ

パンケーキスワップの基本サービスとしてウォレット内にある通貨を他の通貨と交換できるスワップがあります。

なぜ通貨を交換する必要があるのかというと、預ける通貨ペアによって年利が異なるからです。

以下の画像は執筆時点の年利ですが、通貨ペアによって様々というのがお分かりいただけるかと思います。

当然リスクとリターンは二律背反ですから、ご自身に合った通貨ペアで資産運用するためにスワップするというイメージですね。

このようにスワップは後ほど解説するファーミングするために必要であり、ファーミングがあるからこそスピーディーにスワップが行えるという相互補完システムになっています。

ちなみにスワップするためには手数料が必要です。

ファーミング

先に少し触れましたが、パンケーキスワップ最大の特徴がこのファーミングで、2種類の通貨ペアを提供するともらえるLPトークンを預けることで「CAKE」という暗号資産を獲得できるシステムです。

通貨を自由に取引またはスワップするためには、十分な通貨ペアをプールしておく必要があることからこの通貨ペアを提供してくれた投資家に報酬としてスワップで得た手数料の一部が充てられるというわけですね。

ファーミングは利率が高い傾向にあり、中には数百%を超えることもあります。(短期的なものですが)

メリットとしては

  • 値上がり益を狙ってガチホ(ファーミング)しながらCAKEがもらえる
  • 含み損が出ても受け取ったCAKEで相殺(できたり)

という感じです。

これ目当てで始める投資家も多く、最も注目されているサービスです。

シロッププール

シロップロールはステーキングの1つでCAKEを預けることで様々な暗号資産を獲得することができます。

獲得できる暗号資産はBSC系の通貨であり、預けるCAKEの量に応じて変動します。

またシロッププール内には「ステークケーキ」というサービスもあり、その名の通りCAKEを報酬として獲得できることから

  1. ファーミングでCAKEをもらう
  2. もらったCAKEをプールしてさらにCAKEをもらう

といった複利運用も可能です。

パンケーキスワップの始め方

ここからパンケーキスワップの始め方について解説したいと思いますが、まずは資金の流れを確認しておきましょう。

イメージとしては以下のようになります。

  1. 国内取引所で暗号資産を購入
  2. バイナンスへ送金してBNBコインに換金
  3. バイナンスからメタマスクへ送金
  4. メタマスクとパンケーキスワップを接続して資金を利用

となります。上記の流れを作業に落とし込むと以下8ステップになります。

パンケーキスワップの始め方8ステップ
  1. 国内取引所の登録
  2. バイナンスの登録
  3. 国内取引所で通貨を購入・送金
  4. バイナンスでBNBに換金
  5. メタマスクのインストール・ウォレット作成
  6. メタマスクのネットワーク設定
  7. バイナンスからメタマスクへ送金
  8. メタマスクとパンケーキスワップを接続

では各ステップについて別記事を交えつつ解説していきます。

ステップ1:国内取引所の登録

まずは国内取引所への登録です。

お好きな取引所で登録してもらえればOKですが、おすすめは「コインチェック」です。

理由は以下4つあります。

コインチェックがおススメの理由
  1. マネックス証券が運営しているから安心
  2. スマホだけで登録・取引ができる
  3. アプリがとにかく使いやすい
  4. 初心者でもわかりやすい様々なサービスが用意されている

実際、投資家300人に愛用している取引所についてアンケートした結果でも1位を獲得しています。

出典:PRTIMES
出典:PRTIMES

どこの国内取引所に登録しようか迷っているなら、コインチェックを選べば間違いありません。

コインチェックの登録の仕方については以下の記事でも解説していますので良かったら参考にしてください。

関連記事:コインチェックの始め方・登録の仕方

ステップ2:バイナンスの登録

続いて海外取引所であるバイナンスに登録していきましょう。

バイナンスに登録するためには以下3つが必要なので作業前に準備しておいてください。

必要なもの3つ
  1. メールアドレス
  2. 本人確認できる書類
  3. スマホ
メールアドレス

メールアドレスはGメールやYahooメールなど普段使用しているものでOKです。

本人確認できるもの

本人確認に使用できる書類として免許証、マイナンバーカード、パスポートが認められています。

いずれかを用意してください。

スマートフォン

本人確認の書類を撮影してアップロードする時や自身の写真撮影に使用します。

そのため、カメラ付きPCをお持ちでない方はスマートフォンのほうが口座開設の手続きがスムーズに行えます。

なおバイナンスには既に利用している人から紹介されると取引手数料が永続的に割引される「紹介プログラム」というものがあり、私の紹介から登録していただくと10%が適用されます。

以下のリンクから登録していただくことで適用されますのでもしよかったらご利用ください。

登録作業はガイド通りに進めていただければさほど難しくはありませんが、別記事にて登録手順を詳しく解説していますのでよかったらご覧になってください。

関連記事:バイナンスの始め方・口座開設する方法

ステップ3:国内取引所で通貨を購入・バイナンスへ送金

ステップ1で登録した国内取引所で暗号資産を購入、バイナンスへ送金していきます。

ここでよくある疑問として

  • なぜ国内取引所から送金する必要があるのか?
  • バイナンスで暗号資産を購入すればいいのでは?

というものがありますが、バイナンスは日本円の入金に対応していないからです

クレジットカードを利用すれば暗号資産を購入できます。しかし手数料が高いためあまりおススメできません。そのため「国内取引所で通貨を購入してバイナンスへ送金する」という手順を踏む必要があるわけです。

因みに暗号資産を送金する際にも送金元から手数料が取られますが、これは通貨によって変動しますので比較的手数料が安いXRP(リップル)がおススメです。

購入金額はお好みで構いませんが最初は1~3万円ほどの少額から試して、感覚がつかめたら増資するというスタンスで良いかと思います。

送金の詳しい手順については以下の記事で解説していますのでご覧になってください。

関連記事:コインチェックからバイナンスへ送金する方法

関連記事:bitFlyer(ビットフライヤー)からBINANCE(バイナンス)へ送金する方法

ステップ4:バイナンスでBNBに換金

バイナンスに暗号資産の送金が済みましたら、今度はBNB(バイナンスコイン)に換金していきます。

PC画面をサンプルに手順を紹介しますがスマホアプリも基本的には同じ操作ですから安心して付いてきてください。

STEP
コンバートメニューを開く

バイナンスにログインしたらページ上部にある「トレード」から「Binance Convert」をクリックします。

STEP
換金設定

すると以下の画面になっているかと思いますので、まずは振替元と振替先の通貨を選びます。

例では振替元にETHを選択。振替先はBNBです。

続いてコンバートしたい金額を入力します。

STEP
確定させる

各入力が終わったら「コンバージョンプレビュー」をクリックします。

クリックしてもまだは確定しません。

換金後のBNBを確認します。問題なければ制限時間内に「コンバート」をクリックします。

制限時間内にクリックしなかった場合は自動でキャンセルされます。

以下の画面になればコンバート成功です。

ステータス表示」をクリックすればコンバートの履歴がチェックできます。

ステップ5:メタマスクのインストール・ウォレット作成

次にメタマスクをインストール・設定していきます。

メタマスクとは暗号資産をしまっておくウォレットのことです。

メタマスクは今回の目的であるパンケーキスワップはもちろん、NFT関連のサービスにも必須のウォレットなのでこの機会にインストールしておきましょう。

インストールは無料で、課金する必要もありませんからご安心ください。

なお、ここではPC画面を例に解説していきますが、PC版ではプラウザの拡張機能としてインストールすることになります。

メタマスクに対応しているプラウザは

  • Googlechrome
  • Firefox
  • Brave
  • Edge

のいずれかとなります。

STEP
メタマスクのインストール

まずは公式サイトよりダウンロードします。以下のリンクよりアクセスし、「Download」をクリックします。

メタマスク公式

Chromeに追加」をクリックして拡張機能に追加してください。

自動でインストールが進みますので完了までしばらく待ちましょう。

STEP
ウォレットの作成

インストールが完了すると以下のような画面になっているかと思います。

開始」をクリックします。

内容を確認したら「同意」をクリックします。

ウォレットを作成」をクリックします。

パスワードの設定をしたら利用規約にチェックを入れて「作成」をクリックします。

するとウォレット保護に関する動画が表示されます。確認されましたら「次へ」をクリックします。

バックアップと復元に必要となるリカバリーフレーズの確認画面に切り替わります。

秘密の言葉を表示するにはここをクリックします」をクリックしてください。

リカバリーフレーズが表示されますのでメモしてください。

フレーズは絶対に無くさないよう注意しましょう。

次へ」をクリックします。

シークレットバックアップフレーズの確認に移ります。各フレーズを順に選択したら「確認」をクリックします。

以下の画面に移ればウォレットの作成は完了となります。

すべて完了」をクリックします。

関連記事:MetaMask(メタマスク)をインストール・登録する方法

ステップ6:メタマスクのネットワーク設定

続いてメタマスクにBSCネットワークの追加設定をします。

パンケーキスワップはバイナンスが提供しているBSCというネットワーク上(バイナンススマートチェーン)で構築されています。ところがメタマスクの初期設定にはBSCネットワークがないため追加作業を行う必要があるわけです。

プラウザ右上にあるメタマスクのアイコンをクリックして起動してください。(起動には少し時間がかかります)

見当たらない場合はパズルのようなアイコンをクリックすると表示されます。

開いたら「イーサリアムメインネット」→「ネットワークを追加」の順にクリックします。

すると以下のような画面が開きます。

それぞれの項目に以下をコピペしてください。

コピペ用メモ
  • ネットワーク名:BSC(自分が分かれば何でもOK)
  • 新規RPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/
  • チェーンID:56
  • 通貨記号(オプション):BNB
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://bscscan.com

入力が済んだら「保存」をクリックします。

すると画面右上に先程入力したネットワーク名(BSC)が表示されています。

これでネットワーク設定は完了です。

因みにネットワークを変更したい場合は画面右上の「BSC」をクリックすれば他に登録しているネットワークを選択できます。

関連記事:MetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する方法

ステップ7:バイナンスからメタマスクへ送金

続いて先ほど交換したBNBをバイナンスからメタマスクへ送金します。

STEP
送金先のアドレスとネットワークの確認

まずは送金先のアドレスの確認をします。

メタマスクを起動したら画面上部の「コピーアイコン」をクリックします。

「コピーされました!」と表示されればOKです。

次に画面上部のネットワーク設定が「BSC」になっていることを確認してください。

違う場合はクリックして切り替えます。

一旦、メタマスクの画面はこのままにしておいて次にバイナンスの操作に移ります。

STEP
バイナンスから送金

バイナンスにログインしたら画面上部の「アカウントアイコン」をクリックして、「ウォレット」→「ウォレット概要」の順にクリックします。

出金」をクリックします。

すると以下の画面になっているかと思います。BNBを送金したいので通貨の項目は「BNB」を選択します。

アドレスの欄に先程コピーしたメタマスクのアドレスを貼り付けます。

次にネットワーク欄が「BSC BNB Smart Chain (BEP20)」になっているか確認します。

続いて出金額を入力します。

初めは少額でテストして無事に入金確認できたら残りを送金すると良いかと思います。

受取金額を確認して「出金」をクリックします。

出金額から手数料として0.0005BNBが差し引かれます。

承認」をクリックします。

再確認を要求されます。問題なければ「次へ」をクリックします。

2段階認証に必要なコードを入力してください。

全て入力したら「提出」をクリックします。

完了」をクリックします。

因みに「アドレスを保存」をクリックするとリスト化できます。次回以降も利用する場合は作成しておくとよいでしょう。

念のため着金したかメタマスクで確認してください。

回線が混雑している場合は時間がかかりますのでしばらく待ちましょう。

無事に入金確認できたら残りの資金も移動させてください。

関連記事:BINANCE(バイナンス)からMetaMask(メタマスク)に送金する方法

ステップ8:メタマスクとパンケーキスワップを接続

最後にメタマスクとパンケーキスワップを接続します。

以下のリンクからパンケーキスワップ公式サイトを開いてください。

PancakeSwap公式サイト

英語表示になっている場合、地球のようなアイコンをクリックすると日本語表示に切り替えることができます。

画面右上にある「ウォレットを接続」をクリックします。

MetaMask」を選択します。

使用するアカウントにチェックをしたら「次へ」をクリックします。

接続」をクリックします。

以上でメタマスクとパンケーキスワップの接続は完了です。

これでようやくパンケーキスワップを利用する準備が整いました。

パンケーキスワップの使い方

ここからパンケーキスワップ3つの使い方について解説していきます。

パンケーキスワップの使い方4つ
  1. スワップ
  2. ファーム
  3. シロッププール

それぞれみていきましょう。

スワップ

まずはウォレット内にある通貨を他の通貨と交換する「スワップ」から始めます。

次に紹介するファームにも欠かせない作業なのでしっかりマスターしましょう。

PancakeSwap公式サイトを開いたら、画面左上にある「トレード」→「スワップ」の順にクリックします。

すると以下の画面が開きます。

  • ①で交換元の通貨を選択します。
  • ②で交換先の通貨を選択します。
  • ③で交換したい金額を指定します。

各項目の入力が済んだら「スワップ」をクリックします。

ここでは0.0005BNBをCAKEに交換してみます。

内容を確認して問題なければ「スワップの確定」をクリックします。

ガス代(手数料)が表示されますので、問題なければ「確認」をクリックします。

0.00088BNBとなってますが、この時のレートで約34円です。

これでスワップは完了です。

交換した通貨はメタマスクに表示されない場合がありますが「トークンを追加」をすれば表示されますのご安心を。

ファーム

続いてファームの方法について解説します。

ファームは以下4つのステップで行いますので順番に見ていきましょう。

ファームの4ステップ
  1. 通貨ペアの選定
  2. スワップ
  3. 流動性の追加
  4. ステーキング
STEP
通貨ペアの選定

PancakeSwap公式サイトを開いたら、画面左上にある「獲得」→「ファーム」の順にクリックします。

すると以下のようにファームの対象となって通貨ペアが表示されますので、流動性や年利などを見ながらどれにするか決めていきます。

今回はCAKE-BNB(年利46.85%)を例に進めていきます。

STEP
スワップ

通貨ペアが決まったらスワップを使って通貨を準備します。

PancakeSwap公式サイトを開いて画面左上にある「トレード」→「スワップ」の順にクリックします。

続いて交換元と交換先の通貨を選択します。

ここではBNB→CAKEとします。

次に交換する金額についてですが、ここがポイントになります。

ファームに預ける通貨ペアは1対1で用意する必要があります。そのため同額となるよう金額を調整します。

例では所持している0.238BNBの半分、0.119BNBをスワップします

ガス代もかかるのでウォレット内に少しBNBを残しておきましょう。

金額を入力したら「スワップ」をクリックします。

あとは先程と同様に進めてスワップを完了してください。

STEP
流動性の追加

次に準備した通貨ペアをパンケーキスワップに預ける「流動性の追加」という作業です。

流動性の追加」をするとLPトークンを獲得することができます。LPトークンとは流動性提供者に配布されるトークンのことで、後ほど解説するステーキングで使用してCAKEを獲得できます。

画面上部の「トレード」→「流動性」の順にクリックします。

流動性の追加」をクリックします。

次に通貨ペアを選択します。

ここでは先程準備したBNB-CAKEペアにしています。

選択したら「流動性の追加」をクリックします。

続いて預ける金額を指定します。

片方の通貨に入力をすると、もう片方の金額は1対1になるよう自動計算されます。

金額の確認が済んだら「CAKEを有効にする」をクリックします。

するとメタマスクが起動します。トランザクション手数料を確認したら「確認」をクリックします。

この時は約10円の手数料がかかりました。

パンケーキスワップの画面に戻ると「供給」がクリックできるようになっています。クリックしてください。

サプライの確定」をクリックします。

ガス代を確認したら「確定」をクリックします。

この時のレートで47円ほどです。

ウォレットにCAKE-LPを追加」をクリックしたら「終了」をクリックします。

画面を下にスクロールすると以下のような「ウォレットのLPトークン」と表示されているはずです。

これでCAKE-BNB LPを獲得できました。

次にこのLPを預けて報酬としてCAKEをもらってみましょう。

STEP
ステーキング

最後に先程受け取ったLPトークンをステーキングします。

画面左上の「獲得」から「ファーム」をクリックしてください。

すると以下のような画面に切り替わりますので、預ける通貨ペアを選択します。

先程受け取ったCAKE-BNB LPを預けたいので「CAKE-BNB」を選択します。

有効にする」をクリックします。

するとメタマスクが起動して承認を求められますので「確認」をクリックします。

トランザクション手数料がかかりますので合わせてチェックしておきましょう。

しばらくすると「LPをステーキングする」と表示されますのでクリックします。

ステーキングするLPを指定して「確定」をクリックします。

するとメタマスクが起動するのでガス代を確認したら「確認」をクリックします。

これでステーキングは完了です。

ファーム画面に戻ってBNB-CAKEペアを見てみるとLPトークンがステーキングされていることが確認できます。

あとはCAKEが溜まるのを待って、ある程度の額になったら収穫してみましょう。

収穫にもガス代が必要なので頻繁にし過ぎないよう注意です。1~2週に1回を目安にするとよいでしょう。

シロッププール

先程ファーミングで収穫したCAKEをシロッププールに預けて複利運用する方法について解説します。

まず「獲得」→「シロッププール」の順にクリックします。

すると以下のような画面になりますので、CAKEを預けるプールを選びます。

ここでは例としてCAKEを獲得できる「CAKEをステーキング」を選択します。

プールによって獲得できる通貨や年利に違いがあります。

有効にする」をクリックします。

メタマスクが起動するので、手数料を確認して「確認」をクリックします。

ステーキングの有効化が完了すると「フレキシブル」と「ロック」が選択できるようになっています。

それぞれの特徴をまとめると

フレキシブル
ロック
  • いつでも引き出せる
  • 年利が低い
  • 期間が経過するまで引き出せない
  • 年利が高い

となります。

因みに以下の部分をクリックすると年利シミュレーションできます。

今回は「ロック」を例に進めていきます。

預ける金額と期間を設定します。

続いて「確定」をクリックします。

するとメタマスクが起動するのでガス代をチェックして「確認」をクリックします。

以下のような画面になればステーキングは完了です。

あとは「ファーミング→収穫→ステーキング」を繰り返して複利運用すればOKです。

パンケーキスワップの注意点

パンケーキスワップで取引する上で気を付けておきたいことについてお話しします。

注意点3つ
  • 公式サイトであるか確認する
  • 利用は自己責任
  • ネットワーク設定を間違えない

上記3点それぞれみていきましょう。

公式サイトであるか確認する

パンケーキスワップにアクセスする際は必ずURLの確認をしてください

公式サイトを装った悪質なサイトが多く誤ってアクセスした場合、ログインIDやアドレス、パスワードが漏洩し資産を失うことになりかねません。

公式ページからもアナウンスされている通り正しいURLはhttps://pancakeswap.financeです。

アクセスするときは検索エンジンから「パンケーキスワップ」と入力するのではなく、公式ツイッターや上記のアドレスから入り、2回目以降はブックマークからアクセスすることを意識してください。

補足

管理者がいないパンケーキスワップからDMが来ることはあり得ません。カスタマーを装った者からアプローチされたら100%スパムなのでスルーでOKです。

利用は自己責任

パンケーキスワップを利用してトラブルが起きても自己解決するしかありません。

というのも、冒頭でもお伝えした通りパンケーキスワップには管理者が存在しないからです

そのため、まずはしっかりと仕組みを理解してトラブルを極力遠ざけることが非常に大切になります。

金融庁の認可を受けていない

パンケーキスワップは非中央集権的な取引所ということもあって国内金融庁の認可を受けていません。

そのため、もし規制の対象になった場合は一切の取引が出来なくなる可能性があるわけです。

もちろん、だからといって急に明日から使えなくなるということは考えにくいですが、ツイッターや公式HP等で動向はチェックする必要があります。

パンケーキスワップに限らず、認可を受けていない取引所を利用するならこの辺りの動向には目を光らせておきましょう。

ウォレットやDeFiを簡単に管理する方法

最後に暗号資産の管理に便利な「DeBank」というツールを紹介したいと思います。

パンケーキスワップなどを利用しているとファームやシロッププールに一体幾ら預けてどれくらい利益が出ているのかわからなくなることがありますが、DeBankではDeFiを利用しているウォレットを一元管理できるだけなくファーミングやステーキングの状況も確認できるためとても便利です。(NFTも確認可)

無料で利用できる上に登録なども必要ないので是非使ってみてください。
DeBank公式

ウォレットと接続するだけですぐに使えるようになります。

利用までの手順

公式サイトにアクセスしたら画面右上の「Log in via web3 wallet」をクリックします。

接続したいウォレットを選びます。

今回はメタマスクを選択しました。

メタマスクが起動するので「次へ」をクリックします。

接続」をクリックします。

以下のような画面になれば接続完了です。

よく見ていただけるお分かりかと思いますが

  • ウォレットやパンケーキスワップに預けている資金
  • ファームやステーキングで運用している資金と利益

などが一目瞭然ですね。

資金管理が簡単に行えるようになりますので是非お使いください。

まとめ

本記事ではパンケーキスワップの始め方・使い方について解説してきました。

パンケーキスワップは年利が高いため積極的な資産運用ができるということがお分かりいただけたんじゃないでしょうか。

もちろん投資の世界ですからリスクはつきものですが、昨今の日本円はただ持っているだけで価値が目減りしていくためリスクを持たないリスクが大きくなっていると言えます。

ぜひ将来を見据えた投資先のひとつとして少額からでもスタートしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事:MetaMask(メタマスク)からBINANCE(バイナンス)に送金する方法

関連記事:BINANCE(バイナンス)からCoincheck(コインチェック)に送金する方法

あなたにおススメの記事です。

TETSU
FP2級技能士 AFP 宅建取引士
ファイナンシャルプランナーの資格取得をキッカケに投資の世界へどっぷりハマる。不安しかない日本社会で生き残るべく日々奮闘しています。当サイトでは主に暗号資産の投資について解説しています。たまに「釣り」のことも。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次