【強アピールのダイビングペンシル】マリアローデッドF180のインプレ!

お悩み君

マリアローデッドF180が気になっています。使った感想を聞かせてください。

今日はそんなあなたの疑問にお答えします。

結論

ローデッドF180は集魚力が高いダイビングペンシルです。

とはいえ、使いすぎるとスレも進行する諸刃の剣でもあります。この記事では僕が感じたメリットやデメリット、おすすめの使い方について解説します。

読んで頂ければ

  • あなたが求めるプラグなのか?
  • メインフィールドとの相性

が分かるようになりますのでぜひ最後までお付き合いください。

良かったら【青物を狂わす】ダイビングペンシルおすすめ3選もご覧ください。

目次

マリアローデッドF180のアクション

マリアローデッドの画像
マリアローデッド

ローデッド最大の特徴と言えるのがワイドなスイムです。同社のラピードと比較すると左右へのスライド幅が広く、S字というよりZ字と言ったほうが良いかもしれません。

ローデッドとラピードのアクション比較
アクションイメージ

またダイブ時に強い泡を発生させるのも特徴で、アピール力が非常に高いペンシルです。

ロッド入力やリーリングの強弱で泡の量はある程度コントロールできます。

マリアローデッドF180の使い方

マリアローデッドの画像
マリアローデッド

主な操作法は以下の3つです。

  • ジャーキング
  • リトリーブ
  • ステイ

ジャーキング

手順
  1. キャスト後、軽く糸ふけを取る
  2. ロッドでラインを引っ張るようにサビく
  3. ロッドを前方に戻しながら糸ふけを回収
  4. 以下②③の繰り返し

ジャーキングの長さによってアクションに変化がつきますから、適宜使い分けていくと良いでしょう。

ロングジャーク

長く泳ぐことで強い波動を出します。アピールを重視したい時に使用するジャーキングです。

ショートジャーク

「短い距離をダイブ~海面に飛び出す」というコンパクトなアクションを行います。「間」が多くなるため喰わせを意識したジャーキングとなります。

どちらも非常に重要なテクニックなのでぜひマスターしておきましょう。

リトリーブ

リーリングによってプラグをスイムさせるテクニックです。

手順
  1. ロッドを下方向へ入力してダイブさせます。
  2. ダイブが確認出来たら、ジャーキングはせずにリーリングでスイムさせます。
  3. 任意の距離をスイムさせたらロッドを前方に戻して浮上させます。

ジャーキングと異なるのは1回のスイム距離をコントロールしやすいため、自分のタイミングで「食わせの間」を作ることができます。

例えば

  1. 手前のシモリまでスイムさせて追わせる
  2. シモリまで来たらショートジャークあるいはステイを入れて食わせの間を作る

といった具合です。

またミスダイブが起こりにくい方法でもあるため荒天時や足場が高いときにも活用できます。

ステイ

意図的にアクションさせない「間」のことで、ローデッドでは非常に有効なテクニックとなります。

なぜならトップウォーターに反応して浮上してくる個体は泡に向かってバイトしてくることが多いからです。

泡の中に紛れ込ませ、消えたらまたダイブさせる

こういった誘い出しがローデッドには向いていると思います。

もちろんステイが必要ない時もありますので手段のひとつとして参考にしください。

マリアローデッドF180のメリット3つ

マリアローデッドの画像
マリアローデッド

ここでは私が感じた以下3つのメリットについてお話します。

  • アピール力が高い
  • 飛距離が出る
  • レスポンスがよい

強い波動でアピール

ローデッドはオープンフィールドや地形の変化の少ない場所で特に力を発揮してくれます。なぜかというとアピール力があればこういった場所でも強引に寄せることができるからです。

事実、喰ってくるタイミングや場所の見当がつかないときでも、ローデッドはなんの前触れなくバイトを誘発させることもありますから集魚効果は高いと思います。

上記のようなポイントとは特に相性が良いです。

飛距離は十分

太めのボディのため風の影響を受けるイメージがありましたが想像以上に飛行姿勢が良く伸びがあります。

自分が思ってた着水地点より先に行く感じです。

サイドやアンダーキャストでも十分飛びますから、立ち位置的にオーバーヘッドキャストができない時にも重宝します。

レスポンスが良い

ロッドワークやリーリングに対する反応が良いです。基本的には派手なアクションですが、弱入力で抑えることもできますから

例えば

  1. 沖からゆったりアクションで引いてくる
  2. ブレイク付近でスプラッシュを出してリアクションを誘う

といった演出ができます。

意図した通りに動かしてバイトに持ち込んだときは何とも言えない達成感があります。

使って感じたデメリット3つ

マリアローデッドの画像
マリアローデッド

ここからデメリットについて触れていきたいと思います。

  • 体力を消耗する
  • フック調整がシビア
  • スレが早い(気がする)

非常に疲れる

使用中は体力をゴッソリ持ってかれます

  • フック込みで約80g
  • 水抵抗が強いボディ

という仕様もあって、投げても引いても腕に負担がかかります。なので体力に自信がない方には向いてないかもしれません。

とはいえ、ショアプラッキングというのは基本疲れる釣りですから慣れも必要です。

フック調整が難しい

シングルフックやアシストフックに交換するとアクションが大きく変化します。

フック込みでアクション設計されていますから、トリプルフック以外だとスライド幅が抑えられて直線気味な泳ぎになってしまいます。

シングルフックに交換する際は、アクションの変化が許容範囲か一度チェックしてみてください。

因みに、私は以下のツインアシストにしています。魚の吸い込みにも強くアクションも保てていい感じです。

  • フロント:ショートダブルクダコ4/0
  • リア:ダブルクダコ4/0
マリアローデッドの画像
マリアローデッドのツインアシスト

スレのリスクがある

強アピール系の宿命ですがあまり投げすぎると見切られます。一本目は獲れても2本目以降が続かないというのはよくあります。

なのでナチュラル系のダイペンやシンペンなどの波動が大人しめのプラグと組み合わせるのが良いかと思います。

マリアも「ローデッドで寄せてラピードで喰わす」と表現していたような気がしますが正にそんな感じです。

マリアローデッドF180はこんな時に使いたい

マリアローデッドの画像
マリアローデッド

私が思うローデッドF180の出番は

  • 地形変化が少ない場所
  • 荒れ気味のとき
  • ナブラが遠い

こんな時です。

地形変化が少ない場所や深場

先程も触れましたが、こういう場所では魚を引っ張り出すような使い方をします。

  • 魚が付きそうな場所
  • 通りそうなコース
  • 捕食する場所

などが絞りにくいですよね。

ですから、こっちからアピールして気づいてもらうイメージで使っていきましょう。

付近に高活性の個体がいれば何かしらの反応があるはずです。

荒れ気味のとき

ルアーが埋もれないよう存在感を出していきます。

こういう状況は「魚の捕食スイッチ」が入りやすいですが気づいてもらえなければ意味がありません。

他のダイペンだとアピールが足りなかったり海面を滑りがちですが、水噛みのよいローデッドであればアピールしながらキッチリ引いてこれます。

因みにダイペンの操作が難しいほど荒れている場合はポッパーの出番です。良かったらこちらもご覧ください。

ナブラが遠い

遠くでお祭り状態でも、寄せてくる集魚力があります。

以前、仲良くさせてもらった船長から教えてもらったのですが

「青物はある程度捕食し終えたら周囲の様子を確認するから少々離れてても気づかせれば喰ってくるよ」

ということで、それ以来は遠くでお祭りしてても静観しなくなりました。しっかりアピールしてやれば

ドンッ!

って出ます。

ダイビングペンシル:マリアローデッドのインプレまとめ

マリアローデッドの画像
マリアローデッド

ローデッドF180は

  • 高活性時の決め手がほしい
  • 遠くからでも寄せるアピールが欲しい

そんな時にマッチするダイビングペンシルです。たとえローデッドで食わすことができなかったとしても

寄せて他のプラグで食わす

という合わせ技ができたりとゲームの幅も広がるように思います。ご興味がある方は一度試してみてください。

マリア ローデッドF180

他にもダイペンを紹介しています。良かったらご覧ください。

あなたにおススメの記事です。

TETSU
家具バイヤー 宅建取引士 FP2級技能士 釣りバカ
家具の買い付けとコーディネートが得意なアラフォーオヤジ。凝り性で浮世離れした性格のため、周りと全然噛み合わないけどなんとか生きています。資格試験がうまくいった勢いで、今度はブログで情報発信に挑戦してみることに。主にインテリアや釣り、資格取得について書く予定です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次